一泊二日の旅行の荷物は最低限にしよう!

二つのバックに分けて持つと便利

旅行に行く際に持つバックを大きい旅行バックと、手さげの小さなバックの二つに分けて持つと良いです。大きなバックには何度も入れたり出したりすることのない、服などや宿泊先で出すことになる日用品など入れます。飛行機などに乗る場合も手元になくても困らないものを入れます。手さげの小さい方のバックには携帯やハンカチなどの何度も、使うものや貴重品、デジカメなど飛行機内で手元に置いておきたいものなどを入れます。そうすることで大きなバックを常に持ち歩き、たくさんのものの中から小物を探す手間も省けます。また大きなバックだけでは観光地に着いた際に大きな思い荷物を持ち歩かなければ行けないので小さなものと分けておくと、とても便利なのです。

一泊二日なら、最低限の持ち物に!?

旅行に持っていくもので一番かさばるのが、衣類とタオル類です。衣類は2日間同じ服を着ているのは他の人から同じ服を着ていると思われたり写真などに残す時もあまり良い印象にならないため、無地のボトムスを1本と、トップスを2枚持つと同じ服を着ているように見えないという技が使えます。また、もしもの怪我の際に使おうと持つ人が多い救急セットですが、一泊二日の旅行の時に使う場面はほとんどないと言っても過言ではありません。大きなケガの場合は近くの病院に行ったほうが良いです。そのためかさばる救急セットは持たずに財布などに2、3枚の絆創膏を入れておくだけで十分です。「もしも」のことを考えて物を詰めずに、もしもの時は買うという考えで荷物を詰めると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です