旅行の際に便利なサービスを把握する

重い荷物を持って行くよりも

旅行においては何泊するかにもよりますが、着るものなどの荷物を多く持って行く必要があるでしょう。ツアーや所有する車などでの移動であれば、荷物を持って行く事が苦でない場合もあるかもしれませんが、個人の旅行で公共交通機関などを利用したものであれば、荷物が邪魔になる事もあると言えます。帰りなどは、お土産などを購入する事でさらに重たい荷物を持たなければならない場合もあるかもしれません。旅行中に荷物の心配をしたくないのであれば、宿泊先などに前もって荷物を送ってしまう方法などが挙げられ、帰りも家に送ってしまえば手ぶらで旅行を楽しむ事もできるでしょう。荷物を持って行くのが億劫な方などは検討してみると良いです。

タクシー利用で観光案内も

旅行における問題の一つとして挙げられるのが公共交通機関利用で旅行する場合に、観光スポットなどをまわる際に移動手段において面倒な場合もあるでしょう。車の運転ができない方などにおいてはレンタカーなども利用できず、そもそも旅行中に運転したくない方もいらっしゃるかもしれません。このような問題を解決する方法の一つとしてタクシー利用などが挙げられ、旅行には良い場合もあると言えます。タクシー利用においてはお金が多く必要なイメージを持つ方もいらっしゃるでしょうが、地方によっては一日利用で安く利用できる場合もあり、観光などの案内もしてくれる可能性があるでしょう。これを利用する事により、移動における心配が軽減されるかもしれません。

一泊二日の旅行の荷物は最低限にしよう!

二つのバックに分けて持つと便利

旅行に行く際に持つバックを大きい旅行バックと、手さげの小さなバックの二つに分けて持つと良いです。大きなバックには何度も入れたり出したりすることのない、服などや宿泊先で出すことになる日用品など入れます。飛行機などに乗る場合も手元になくても困らないものを入れます。手さげの小さい方のバックには携帯やハンカチなどの何度も、使うものや貴重品、デジカメなど飛行機内で手元に置いておきたいものなどを入れます。そうすることで大きなバックを常に持ち歩き、たくさんのものの中から小物を探す手間も省けます。また大きなバックだけでは観光地に着いた際に大きな思い荷物を持ち歩かなければ行けないので小さなものと分けておくと、とても便利なのです。

一泊二日なら、最低限の持ち物に!?

旅行に持っていくもので一番かさばるのが、衣類とタオル類です。衣類は2日間同じ服を着ているのは他の人から同じ服を着ていると思われたり写真などに残す時もあまり良い印象にならないため、無地のボトムスを1本と、トップスを2枚持つと同じ服を着ているように見えないという技が使えます。また、もしもの怪我の際に使おうと持つ人が多い救急セットですが、一泊二日の旅行の時に使う場面はほとんどないと言っても過言ではありません。大きなケガの場合は近くの病院に行ったほうが良いです。そのためかさばる救急セットは持たずに財布などに2、3枚の絆創膏を入れておくだけで十分です。「もしも」のことを考えて物を詰めずに、もしもの時は買うという考えで荷物を詰めると良いです。

旅行の時の移動手段は?

路線バスや電車での観光

旅行の際に気になるのが移動手段です。この移動手段という問題は、目的地に到着した後、観光するときにも考える必要があります。特に、観光したい場所が複数ある場合、拠点となるホテルや駅から距離がある場合には、徒歩以外の移動手段を考えなければいけません。代表的なのが、路線バスや電車です。多くの人が利用し、発着の頻度が高い場所であれば、特に待ち時間などを気にすることなく利用することができます。最近では、ICカードを利用することで、切符を買う手間、乗降の際に小銭を取り出す手間が省けるようになりました。気になるのが目的地までどの路線を利用するか、乗り換えはどうするのか、といった問題ですが、スマートフォンの交通系アプリなどを利用すれば解決できます。

タクシーやレンタカーでの観光

一方で、電車や路線バスがそれほど頻繁にあるわけではない、という地域もあります。そんなときは、うまく時間を調整しながら観光する、というのも一つの手ですが、タクシー、あるいはレンタカーという手段も考えるべきでしょう。通常では、走行距離で支払額が決まるタクシーですが、貸切にすれば時間での料金設定となります。何より、その土地に詳しいドライバーが運転しているので、時間が余ったときなど、近隣で立ち寄れる他の観光地はあるか、といった質問ができるというのが利点です。もう一つの手段であるレンタカーは、自分で運転するのが好きという人にはお勧めです。また、観光目的の貸切タクシーの場合、特定の区域外まで行くには割増料金が必要な場合がありますが、レンタカーにはありません。自由度の高い観光が可能です。

静岡ってこんなことやってるの?社会科見学をしよう!

ポカリスエットはどうやって作られるの?大塚製薬袋井工場

袋井市にある袋井工場ではポカリスエットmlと250mlの生産ラインを見学することができます。ボトルの成型から充填工程までを生で見れますよ。他にもスライドショーにてエコボトルの紹介やポカリスエット製品の情報を詳しく紹介しています。何と帰り際にお土産ももたせてくれますよ!工場見学するには見学日の2か月前から2週間前までに電話でのみ受け付けています。見学できる曜日は平日の9時から16時までとなっており、見学の始まる時間も指定されており、9時、10時30分、13時、14時30分、16時となっています。見学時間は60分程度で一通り見学することができます。大人から子供まで勉強になる工場見学になっています。

あの名産品はどう作られるの?うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリーでは3つの見学のコースが設けられています。一つ目は予約の必要なファクトリーツアーです。ファクトリーツアーはうなぎパイの製造工程をコンシェルジュが説明しながら見学できるものです。分からないことがあったらすぐ聞くことができますね。二つ目は毎週土曜日開催のスマイルツアー。コンシェルジュが探偵に扮してうなぎパイファクトリーの不思議について紹介してくれます。このツアーも予約が必要で、開催時刻も決まっています。3つ目は予約の必要のない自由見学です。自分たちのペースでゆっくりと館内を回りながら工場内を見学することができます。うなぎパイファクトリーは見学の最後にお土産をもらうことができるとともに、バラエティー豊かなお土産コーナーを回ることができます。うなぎパイ以外のお土産もあって楽しめますよ。

旅行のおともに頼もしいものとは?

旅行に行くのに何を持っていったらいいのだろうと悩んだことはありませんか?

旅行というと、電車や飛行機など様々な交通機関を使うと思います。その時にあると助かるのが、移動時間でも周りを気にせず睡眠をとることのできる、アイマスクです。デザインは、かわいいものから個性的なものまであります。より気持ちよく眠ることのできる睡眠に特化したアイマスクもあります。他にも疲れをとってくれるのが、アロマ・キャンドル・ボディオイルなどのアイテムです。これらは、ホテルについてから自分の部屋などでゆっくりとリラックスしながら旅の疲れを癒してくれます。そしてお土産をたくさん買いたいなどと考えている方は、圧縮袋を持っていくと荷物がいっぱいで入らないと悩むこともなくなります。他にもお土産をカバンへしまえたのはいいものの重さがわからなくて心配…という方はチェッカープラスというカバンの重さをはかることのできるグッズを持っていくと飛行機に乗る際にスムーズに乗ることができます。

雨具など持っていくと便利な天気対策のものは?

旅行の中で一番予想できないのが天気ですよね。急な雨にも困らないように雨具を持っていくといいです。軽量でコンパクトな折り畳み傘を持っていると急な雨にも対策できますよね。でも傘は手がふさがるから…という方はレインコートを持っていくと便利です。また、旅行へ出発する前に靴やカバンにあらかじめ防水スプレーをしておくと急に雨が降ってしまった時でも水をはじくことができるので濡れにくくなります。雨ともう一つ、気になるのが紫外線です。室内にいるより外にいるほうが多いため紫外線を避けることは難しいです。そんな時は、帽子や日焼け止め、サングラスなど紫外線を対策できるものがあると便利です。荷物になるのが心配な方はよりコンパクトなものを持っていくといいです。